一般庶民が家計資産を増やすためには、
ー入を増やす
入ってきた収入を育てる
支出を抑える
の、三本柱がうまく機能しなくてはいけないと思います。

たとえば、,亮入がたくさんあっても、の支出が多ければ資産は増えません。また,歪名錙給料所得が中心となりますが、給料アップには限度があります。
となると、の支出を引き締めつつ、△了饂艮人僂濃饂困鯀やさなければなりません。

そこでわが家は・・


というと、
こんなことを書いているのに、(私が育児休暇中なので),減っているにもかかわらず、なかなかの支出を抑えられていません。
特に外食は、共働きの頃に比べると減ったものの、つい、子連れでも入れそうなところを捜しては入ってしまいます。
今日も、繁華街に買い物に出たついでに、大好きなお店でランチを食べて帰りました・・。

でも、ふと思ったのですが、わが家は食べることが大好きだし、カラオケボックスに行ったり、レジャー施設に行ったりするわけでもないので(←2人ともあまり好きではない)、これも一つの娯楽なのではないかと。

これ以上行く回数を増やしてはいけませんが(自分に言い聞かせてます・・)、おいしいものを外で食べることも、時にはよしと考えることにしました。

あとは、旦那のたばこ代、酒代(←なんだか最近すごく増えてます)が無駄だと思うのですが、これはなかなか手強そうです。
どなたか、旦那が精神的負担を感じずに、これらの支出を減らす方法をご存じないでしょう・か・ね?
(妻より)
人気blogランキング