家事の無駄を省くときに重要なのは、動線の無駄を省くということだと思います。
つまり、なるべく余分な動きが出ないようにするのです。

(洗濯編)

よくあるのが、\濯→干す→取り込む→い燭燭燿イ靴泙Α△硫當の移動を少なくする、、つまり動線を短くするという考えです。

私もこの考えに賛成で、できればこの行程を1、2箇所で済ませたいのですが、住宅事情からなかなか実現は困難です。
私は少しでも減らすために、働いているときは ↓◆↓を一緒にするために部屋の中に干していました。

また、タオル類は洗濯時に集めるのではなく、乾いた時にその場所へ直接持って行き交換します。(新しい物をかけ、使用済みのものはその時に回収。洗濯機の中へ)
そうすれば、い寮濯物をたたむと、イ里靴泙Δ鮠覆ことができます。



シンプルライフをめざす整理 収納 インテリア―すっきりが「持続」します