B型家族のハッピー・マネー・ライフ

家族で資産運用。日本株、中国株、投資信託、国債、外債に分散投資で、目標1億円!

2007年08月

保有中国株の時価(8月31日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 7.7 1,000 113,960
ジャンスエクスプレス 8.12 2000 240,352
マーシャンアイロン 6.95 2000 205,720
ファンネンパワー 8.97 4000 531,024
バンクオブチャイナ 4.01 4000 237,392
ペトロチャイナ 11.4 6000 1,012,320
シャンハイシンカコウ 2.144 1500 373,056
チャイナシッピングコンテナ 6.01 1000 88,948
コンストラクションバンク 6.53 2000 193,288
シノペック 8.5 2000 251,600
ICBC 5.08 2000 150,368
合計

3,247,660
先週比で約13万円のプラスになりました。香港ドル14.8円、米ドル116円で計算。すべての銘柄が少しずつ上昇しました。人気blogランキングへ

中国株時価総額が日本株超え

123d1440.bmp

今日の日経平均は米国株高を好感して上げて始まりましたが、ずるずると下げて前日比0.88%高に終わりました。

米ダウが1.9%上昇しているのに、日経平均はその半分。あいかわらず円相場に振り回されている感じがします。

ちなみに今日の中国株は約2%の上昇でした。

日本株の時価総額が中国株に抜かれるはずです。所詮この程度のものなのでしょうか。日本株は・・・・・。

 【ロンドン29日時事】29日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、株式市場に上場する企業の時価総額で、好景気が続く中国(香港含む)が日本を上回ったと報じた。中国経済の躍進ぶりが改めて示された形。
 香港に本部を置く証券会社CLSAのフレイザー・ハウイー氏の試算によると、28日の終値ベースで中国市場の時価総額は4兆7200億ドル(約542兆8000億円)、日本は4兆7000億ドル(約540兆5000億円)だった。 

※ブログランキング2位でした。→ブログランキング

 

 

日経平均は16000円をキープ

3b31129c.bmp

今朝の米国株下落で、今日の日本株の下げは決まっていたようなものですが、その下げ幅が気になっていました。

アメリカが2%の下落なのに、また日経平均がそれ以上の3%〜4%の下げ(400円〜600円)になるようだと、日本株の先行き不安が増幅するところでした。今日、終値で16000円台を維持できたのは、まずまず良かったのではないでしょうか?

個別銘柄の値動きを見ても、それほど大きな下げではなかったし、第一資金が無いので、買い増しはできません。引き続き見守ります。

株よりも最近面白いのが為替で、米国株に「連動」しているかのように動きます。また昨夜から円高になり始めたので、FXで米ドルをいくつかとNZドルを買いました(1000ドル単位で)。

保証金額は100万円で、現在280万円の外貨を保有しています。

前回の円高で米ドルは111円台を経験しているだけに、112円、113円に突入すると、個人の外貨買いが入るような気がします。それほど急激な円高にはならない!と予想します。(もちろん、予想が外れたら少しずつナンピン買いします)

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

中国株(香港H株)爆騰!

4983e8c6.bmp

日本株は上値が重く、わずか50円高でした。先週末の米国株上昇の流れを受けたのは最初だけ。

それに比べて、中国株は大きな上昇でした。特に香港H株が好調で指数は約6%の上げでした。

個別銘柄を見ていくと、

・・・・・爆騰したのは、先週売った中国建材(シーエヌビーエム)。今日1日で10%の上昇。(ちなみにその中国建材を売却した資金で買った中国銀行・ファンネンパワーインターはそれぞれ3%・6%の上昇でした)。まあこんなもんです。

先週の株安で割安感の出ていた中国株(最近はPER、配当利回りの2点でしか調べていませんが・・・・)ですが、あっという間に修正されてしまいました。他に買いたかったアルミ・鉄道銘柄がまだ買えていません。もうしばらくしたら「2番底」が来るとの推測もあるので、その時に買えるかも??

※ブログランキング1位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

8月25日現在の保有株の時価

【8月25日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 176,000
西日本旅客鉄道 2 1,092,000
中国株(8月24日時価)
3,116,632
丸誠 200 108,000
東レ 700 611,100
日本マクドナルド 200 394,200
三菱商事 300 921,000
セーレン 200 173,600
ソニー 100 542,000
タカラトミー 100 67,700
吉野家 1 195,000
昭和シェル石油 200 265,200
ダイエー 50 42,250
トヨタ自動車 200 1,332,000
石光商事 100 69,500
イートレード 1 111,000
USEN 40 31,240
ヤフー 3 115,950
リーガル 1,000 198,000
三菱重工業 200 139,400
瑞光 100 103,500
大成建設 1000 379,000
三菱ケミカルHD 500 503,500
天満屋ストア 100 92,000
新日鐵 600 483,000
楽天 1 38,300
川崎重工業 1000 448,000
大日本インキ 400 178,400
江守商事 100 111,800
ダイワ精工 1000 222,000
TOTO 400 376,000
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 240,615
シティグループ 40 224,982
グラクソスミスクライン 30 181,679
ファイザー 70 200,837
ゼネラル・エレクトリック 30 137,147
GSGコモディティETF 40 195,066
(投資信託)

トヨタアセット海外株
301,938
上場インデックスファンド225
165,000
日経225
761,922



国債変動10年
2,000,000



合計
16,881,457



投資準備金
474,026



時価総額
17,355,484
先週比
+1,100,017
追加資金10万円を入金したため、実際の先週比はプラス100万円でした。先週の木曜・金曜日の暴落分は戻しましたが、先々週と比べてみるとまだ100万円ほどマイナスです。日経平均17000円近辺まで戻らないと厳しいです。トヨタを30株、新日鐵を300株購入。そのトヨタや新日鐵、ソニー、三菱商事など国際優良銘柄は大きく上昇しましたが、新興市場銘柄や中小型株は戻りが鈍いです。※ブログランキング2位です。クリックありがとうございます。→人気blogランキングへ

保有中国株の時価(8月24日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 7.29 1,000 107,892
ジャンスエクスプレス 7.45 2000 220,520
マーシャンアイロン 6.35 2000 187,960
ファンネンパワー 8.48 4000 502,016
バンクオブチャイナ 3.87 4000 229,104
ペトロチャイナ 11.08 6000 983,904
シャンハイシンカコウ 2.112 1500 365,904
チャイナシッピングコンテナ 7.07 1000 104,636
コンストラクションバンク 5.85 2000 173,160
シノペック 8.16 2000 241,536
ICBC 4.91 2000 145,336
合計

3,116,632
ファンネンパワーインターを2000株と、今日バンクオブチャイナを2000株購入。この新規購入株を除いて、先週比で約37万円ほどのプラスでした。中国株は先週の暴落から持ち直しつつあります。円安の影響も大きく、為替だけで約5万円のプラス。(香港ドル14.8円、米ドル115.5円で計算。)※ブログランキング、ありがとうございます。→人気blogランキングへ

久しぶりの円安・株高

昨日の米国株高を受けて、今日は上げると思っていましたが、大幅高!

とりあえず、先週末の木曜・金曜の下げ幅分は取り返したようです。でも直近の高値(7月18200円)から考えれば、ようやく「3分の1戻し」。まだまだ不安定な相場が続きそうなので、正念場はこれからなのでしょう・・・・。

為替もドル円114円台でふらふら動いていたものが、今日は一気に円安に振れました。数時間前に117円超。つい112円90銭で買ったドル円と78円で買ったNZドルを決済してしまいました。(ただ、0.1単位での購入なので、利益も小さいです。計1万円ほどでした)

今日の株高・円安で、明日が少々の株安になっても、今週末はほっと一息付けそうです。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

バンクオブチャイナの配当

1ヶ月ほど前に支払われていた配当です。(このところの不安定な市場に振り回されて、すっかり忘れていました。)

中国銀行(バンクオブチャイナ)の配当が1109円(税抜き)でした。

これで今年度の配当金額が計89882円になりました。

・・・・さて、この中国銀行の株価ですが、先週の暴落時からすでに今日で約20%増とほぼ暴落前の水準にもどしています。他の中国株も同様に戻しました。

それに比べて日本株は、金曜日の下落率は中国以上に大きかったのに、戻りが鈍い!金曜日に5%越下げたのに3〜4%ほどしか回復していません。

今朝の米株が好調のようなので、今日大きく上げてくれれば良いのですが・・・

※ブログランキング、2位キープです。ありがとうございます。→ブログランキング

日本株の購入

先週大きく下げた日本株。

土曜日の公定歩合下げ→米株上昇を受け、上昇することは予想できましたが、これを良い機会として、買い増ししたかった銘柄を購入しました。

まず、月曜日にトヨタ自動車を30株ミニ株で購入し、計200株にしました。そして今日、ミニ株で新日鐵を300株買い、計600株にしました。

新日鐵を買ったのはこのニュースがあったから↓

・・・・・・太陽電池の基礎素材である多結晶シリコンを量産、同市場に本格参入すると報道された。生産コストを最大約5割削減できる製法を開発、年産2000トン規模の新工場を2010年にも建設する方向で検討に入ったという。

太陽電池とか、風力発電といったテーマが好きで、これらの市場に参入する企業、もしくはシェアを占めている企業を好んで買ってしまいます。

一応株価を気にしながらの購入ですが、さわかみファンドのように、「応援する」ための保有でもあります。

※ブログランキング2位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

中国株(ファンネンパワーインター)の購入

中国株のファンネンパワーインターを2000株購入しました。7.5香港ドルでの指値。約22万円での購入でした。これで4000株の保有になりました。配当利回りは約3.8%。

ファンネンパワーインターはこんな会社↓(内藤証券HPより)

■企業概要
【中国の電力最大手】華能国際電力開発公司の傘下にある5つの発電資産を注入する形で成立した独立系発電事業者。中国5大電力グループの一つ、華能集団の傘下。李小鵬・会長は、李鵬・元首相の子息。山東、江蘇、上海を主要事業基盤とする。07年1月には、60%出資する重慶市の華能珞コウ発電所の6号機(発電容量600MW)が営業運転を開始した。07年3月末時点の総発電能力は権益換算ベースで2万8187MW。


■最近の動向
【12月本決算:増収増益】新プラントの営業運転開始に伴う発電量の増加が増収増益の主因。電力卸売価格の上昇やコスト削減が利幅拡大につながった。同期の発電量は前年比6%増の1598億9700万kWh。05年に導入された石炭と電力の価格連動制を受けて、電力卸売価格は343.59元に同4%上昇した。このほか、同期はコスト削減にも注力。燃料費の伸びを7%に抑え、単位燃料コストは0.8%の小幅な上昇にとどまった。
【今後の見通し】07−08年の設備投資予定額はそれぞれ175億元、138億元。火力発電所の新規建設などに充てる方針。また、中国政府が再生可能エネルギーの開発を奨励していることから、風力発電プロジェクトなどにも積極的に参画する考え。一方、中国の電力市場では、経済成長を背景に需要増大が見込まれる半面、発電能力の拡大による市場競争の激化から、プラントの稼働率低下が予想されている。

・・・・・もう一つ指値を入れておいた中国銀行(バンクオブチャイナ)は約定しませんでした。(建設銀行、工商銀行の3行のうち、どれでも良かったのですが、含み損の多い中国銀行のナンピン買いに昨夜決めました。)でも今日の中国株反発の中でも特に銀行株はどれも9〜10%の上昇。指値を通り越して上昇してしまいました。残念。

※ブログランキング2位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

最近またFXで外貨を購入・・・

8052d0f2.bmp

最近の急激な円高で、しばらく遠ざかっていた(保証金額も減らしていた)FXの口座をよく覗くようになりました。

為替は株とは違って、上げるか下げるかの博打のようなものだと思い始めているので、あまり大きなポジションは持たないように心がけているつもりなのですが、先日も書いたとおり、ドル円で1円、ユーロ円で2円円高になるたびに買っていたら(怖いので相変わらず0.1単位ずつの買い)、いつのまにか1.9万単位も保有していました。円換算で約240万円です。

保証金として、口座に入っている額は現在99万円。最高でレバレッジ3倍程度を上限として考えているので、あともう少し円高になっても、まだ外貨買いできます。

・・・・・可能性は低いと思いますが、絶対にありえないくらい円高が進んだとしてドル円の天井を95円、ユーロ円の天井を125円と想定しています。だからこの天井に近づくくらいの為替の変動があれば、全力で円売り外貨買いをするつもりでいますが、現在の円相場はちょうど良いぐらいなのではないかと思っているので、ゆったりと構えていて、相場に振り回されないようにしたいです。

とりあえずは、当面の天井をドル円108円〜110円、ユーロ円を140円〜145円と考えて、こつこつとポジションを増やしていくつもり・・・・だったのですが、わずか100万円の保証金で、ドルもユーロも、おまけに豪ドル、NZドルも・・・と複数通貨を買いすすむのは不可能!ということに最近気付きました。しばらくは米ドルだけを見ることにします。

※ブログランキング2位でした。励みになります。→ブログランキング

8月18日現在の保有株の時価

【8月18日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 175,000
西日本旅客鉄道 2 1,054,000
中国株(8月17日時価)
2,383,197
丸誠 200 102,000
東レ 700 597,100
日本マクドナルド 200 397,000
三菱商事 300 790,500
セーレン 200 170,800
ソニー 100 505,000
タカラトミー 100 67,000
吉野家 1 187,000
昭和シェル石油 200 248,000
ダイエー 50 41,000
トヨタ自動車 170 1,052,300
石光商事 100 68,900
イートレード 1 114,000
USEN 40 30,000
ヤフー 3 106,950
リーガル 1,000 188,000
三菱重工業 200 130,800
瑞光 100 100,000
大成建設 1000 357,000
三菱ケミカルHD 500 476,000
天満屋ストア 100 94,000
新日鐵 300 214,200
楽天 1 35,000
川崎重工業 1000 421,000
大日本インキ 400 168,400
江守商事 100 107,400
ダイワ精工 1000 208,000
TOTO 400 392,800
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 233,024
シティグループ 40 219,743
グラクソスミスクライン 30 171,155
ファイザー 70 188,612
ゼネラル・エレクトリック 30 131,499
GSGコモディティETF 40 192,660
(投資信託)

トヨタアセット海外株
285,013
上場インデックスファンド225
155,100
日経225
716,677



国債変動10年
2,000,000



合計
15,120,730



投資準備金
1,134,737



時価総額
16,255,467
先週比
-865,333
追加資金50万円を投入したため、実際の先週比はマイナス136万円でした。いわゆる国際優良銘柄が大きく下落。特に昨日の下げが大きかったです。米国株は今朝の上昇でほぼ元に戻しました(円高の影響で、円換算にすると安いですが)。中国株も日本株同様下げが大きいです。・・・・来週は日本株は上げると思いますが、あらゆる銘柄がこの数日間で、バーゲンセールのような安さ(1割引、2割引・・・)になってしまいました。まずトヨタ自動車170株を200株にしたいです。他にも買えそうなものを買ってしまいたい。※ブログランキング2位でした。クリックありがとうございます。→人気blogランキングへ

保有中国株の時価

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 6.88 1,000 99,760
ジャンスエクスプレス 6.88 2000 199,520
マーシャンアイロン 5.5 2000 159,500
ファンネンパワー 7.24 2000 209,960
バンクオブチャイナ 3.4 2000 98,600
ペトロチャイナ 9.83 6000 855,210
シャンハイシンカコウ 2.029 1500 340,872
チャイナシッピングコンテナ 5.33 1000 77,285
コンストラクションバンク 4.88 2000 141,520
シノペック 6.93 2000 200,970
ICBC 4.26 2000 123,540
合計

2,383,197
中国建材(シーエヌビーエム)を今日売却。14香港ドルで売れた後、急上昇してしまいました。でも買値の3倍になっていたので、とりあえず現金を持つための売却。先週比で約45万円のマイナスでした。中国株だけで45万円のマイナスは大きいです。(その内、円高の影響は約15万円ほど)。いつ下げ止まるかじっと見守ります。来週も下げるようだったら、欲しかった銘柄を買うつもり(中国アルミとか中国外運とか、シノペックの買い増し・・・・)。反発なら、素直に喜びます。 ※ブログランキング1位を維持しているようです。ありがとうございます。→人気blogランキングへ

円高と世界的な株安で含み損が拡大中・・・・

今日の中国株と日本株の下落は痛かった。ただ、日本株は底をいったん確認できたようで、少し安心。(でも先程からの急激な円高で明日も輸出関連銘柄中心にまだ売られるかも・・・)

今週1週間で100万円は下げていると思います。

あまりの下げようだったので、今日50万円ほどを証券会社口座に移しました。明日には入金できて、買い注文ができるといいです。

日本株の欲しかった銘柄はだいたい買えているので、あとは少しずつ買い増すだけになります。

日経新聞にでていましたが、さわかみファンドはここ数日にどんどん買い下がっているとか・・・・。現金比率が7%ほどになったとも書いてありました。個人でそこまではできませんが、こんな無茶苦茶な相場に負けないように気を引き締めなければ・・・と思っています。含み益の出ている銘柄をヘッジファンドのように、つい「換金売り」してしまいたくなってしまいます。

しばらくじっと我慢。

※ブログランキングありがとうございます。1位でした。→ブログランキング

日経平均16500円割れ

8d234e0f.bmp

サブプライムローンの影響からか、日経平均はまた大きく下落。とうとう16500円割れ。

でも、このサブプライムローン問題にも、なんだか飽きてしまいました。下がるところまで下がったら?というかんじになってきています。

それよりも、この先日本株は円高の影響をじわじわと受けていくように思います。今日は久々にドル円116円台。どこまで円高になるのか予想がつかない。

株が買えないので、最近はFXでドルやユーロを少しずつ(相変わらず0.1単位で)買っています。ただ今日の時点でようやくレバレッジ2倍を超えた程度です。

・・・・・さて、今夜の米国株はどうなのでしょうか?どこかに書いてありましたが、日本株は「景気敏感株」。米国の影響・世界経済の影響ををもろに受けて、率先して上げ下げするそうです。・・・ということは、日本株だけの売買でも良いのかもしれませんね。日本株・米国株・中国株と株を分散してリスクを低減させたつもりでいましたが、今のところまったく同じ値動きをしているので、あんまり「分散」の意味がない?株価が落ち着いてきたら、考え直そうかな・・・・・。

※ブログランキング、1位を維持しています。ありがとうございます。→ブログランキング

 

株の買い時

ロイターのニュースより

[ロンドン 13日 ロイター] MSCIの世界株価指数が1カ月で7%超下落し、一部の株価指数は高値から10%超下げたが、市場参加者の間では株式の買い時に近づきつつあるとの見方が出ている。

 モルガン・スタンレーは13日、顧客向けのリサーチノートの中で「株式を買い戻す時だ。株式を買うというリスクを取れば6カ月─12カ月後に見返りがある。買い時は数カ月前よりも現在のほうが最適だ」と指摘し、今が株式の買い場と推奨している。

 他の金融機関も同様な見解を示している。

 富裕層向けの資産運用を手掛けるブリューイン・ドルフィンは先週、株式は売られ過ぎで今が買い時としており、ヘンダーソン・グローバル・インベスターズも13日、株式市場の先週の下落で長期的な投資には妙味が出てきたと指摘した。

・・・・・・中略・・・・・・・・株価下落で割安感が出ているため、投資妙味が出ている。

 信用危機は最終的には乗り切れると見た投資家は、ボラティリティーの高い動きが終了したとの確信はないものの、少なくとも押し目買いを検討しているとされる。

 F&Cインベスメンツのアセットアロケーション責任者のポール・ニーブン氏は「この種の投資家は現状に無関心でいられる余裕はない」と指摘。「株式市場は今後数日か数週間、一段安になる可能性はあるが、年末に向け、現行水準から上昇する可能性があるため、現在の株ポジションを積みますことに妙味が出てくる」と述べた。

 フォーサイス・パートナーズの投資責任者、ピーター・トゥーグッド氏もリサーチノートで「リスクに無関心ではいられないが、機会は好調な時に表れないものだ」と指摘、株価のバリュエーションには抗し難いものがあるとの見解を示している。

日本株にも割安感があるとと感じるのですが、来週の日銀政策決定会合での追加利上げがどうなるかという問題もあるので、この時期に買うのはなかなか難しいかも(わが家は買いたくても、もう買えませんが・・・・)。

ただ、騰落レシオはまだ60台。底値ゾーンで推移しています。

※ブログランキング、まだ1位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

金投資の欠点

昨年の7月から積み立てを始めた純金積立。ようやく1年になりました。今日届いた三菱商事の報告書によると、積立額は10万円。預かり数量は38.4992グラムのようです。

さて、この純金積立投資。先日発売され始めた金ETFなどに比べても、いくつかの欠点があります。

お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール (日経ビジネス人文庫)

↑ 山崎 元 著の「お金をふやす本当の常識」に、金投資の難点が面白く書かれていました。

「・・・・・・・現物の金投資は『全く働かない美人の奥さん』と暮らすようなものです。何も稼いでくれないし、手間はかかるし、盗まれる心配(?)までしなければなりません。」

保有していても、金利も配当もつかないので、長期投資に不向き。(何も稼いでくれない)

大きな価格リスクがあり、売り買いの際に手数料や売買値差がコストとしてかかる (手間はかかる)

盗難のリスクがある (盗まれる心配?)  以上、斜体が引用文)

・・・・・・・の盗まれる心配は無いです。三菱商事が保管しているので。ただ口座管理料が年3150円かかる。 ↓△侶臈世漏亳腓両紊任旅愼です。

前にも書きましたが、この純金積立の資金は以前のタバコ代。かつては消えて無くなっていたものが、今は現物の純金になっていると思えば、年間の3150円の口座管理料も安いものです。

8月11日現在の保有株の時価

【8月11日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 194,000
西日本旅客鉄道 2 996,000
中国株(8月10日時価)
3,232,146
丸誠 200 122,600
東レ 700 672,000
日本マクドナルド 200 399,600
三菱商事 300 885,000
セーレン 200 192,800
ソニー 100 578,000
タカラトミー 100 72,400
吉野家 1 189,000
昭和シェル石油 200 253,800
ダイエー 50 42,750
トヨタ自動車 170 1,205,300
石光商事 100 70,100
イートレード 1 128,000
USEN 40 34,360
ヤフー 3 119,850
リーガル 1,000 198,000
三菱重工業 200 153,400
瑞光 100 105,000
大成建設 1000 411,000
三菱ケミカルHD 500 528,000
天満屋ストア 100 96,100
新日鐵 300 247,800
楽天 1 39,250
川崎重工業 1000 505,000
大日本インキ 400 171,200
江守商事 100 111,000
ダイワ精工 1000 226,000
TOTO 400 423,600
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 229,151
シティグループ 40 221,652
グラクソスミスクライン 30 184,137
ファイザー 70 197,990
ゼネラル・エレクトリック 30 135,908
GSGコモディティETF 40 199,981
(投資信託)

トヨタアセット海外株
295,466
上場インデックスファンド225
169,900
日経225
690,129



国債変動10年
2,000,000



合計
16,757,469



投資準備金
363,330



時価総額
17,120,800
先々週比
-677,445
2週前と比べて67万円のマイナスでした。トヨタ自動車をミニ株で30株購入。川崎重工業を400株購入で1000株に。海外債券インデックスファンドをやめて(ソニー銀行で積み立てしている中央三井外債インデックスFと中身がかぶっていることに気付いたので)、上場インデックスファンド225を10株購入。日経225をいくらか買い増し・・・・・さて、ほとんどの銘柄が1〜2年前の株価に逆戻りしてしまいました。わずか数日の間に。今日の日経新聞の週間高低を見ていても、予想PER、利回り共に明らかに割安なものがごろごろと出てきています。でも、買いたいけど買えない・・・・。※ブログランキング1位でした。励みになります。→人気blogランキングへ

保有中国株の時価(8月10日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 7.67 1,000 115,050
ジャンスエクスプレス 7.22 2000 216,600
マーシャンアイロン 6.4 2000 192,000
ファンネンパワー 8 2000 240,000
バンクオブチャイナ 3.8 2000 114,000
ペトロチャイナ 10.52 6000 946,800
シャンハイシンカコウ 2.248 1500 397,896
シーエヌビーエム 17 2000 510,000
チャイナシッピングコンテナ 7.24 1000 108,600
コンストラクションバンク 5.53 2000 165,900
シノペック 7.51 2000 225,300
ICBC 4.6 2000 138,000
合計

3,232,146
2週前と比べて、14万円のマイナスでした。石油株が下落したのが痛かったです。4割ほどを石油株が占めているので・・・・。銀行株はそれほど下げていません。上海振華港口機械は上昇。チャイナシッピングコンテナも上昇。貿易関連銘柄が良かったようです。おかしな値動きをしている中国建材(シーエヌビーエム)はしばらく放置。※ブログランキング1位でした。励みになります。→人気blogランキングへ

上昇銘柄と下落銘柄との二極化

9日の日経平均株価は3日続伸。前日の米国株市場の上昇と為替の円安推移が買い安心感を誘い、朝方の東京市場は先物主導で幅広い銘柄に買いが流入した。日経平均株価は一時17274円まで上昇したが、17300円処に観測される200日線が目前に迫ると次第に戻り売り圧力が強まった。上昇銘柄と下落銘柄との二極化が鮮明となる一方、株価指数オプション8月物SQを10日に控えて主力株の上値追いに慎重なムードが強まり、後場に入ると上値をジリジリと切り下げた。なお、東証一部市場の売買高は今年最高を記録した。・・・・・・【株式会社フィスコ】

ようやく日経平均は大きく上昇。ただ、一つ一つの銘柄の動きを見ていくと、一方的な上昇ではなさそう。

保有銘柄でも、

JR西は4%下落。ダイエーも4%下落(もう完全に値崩れしています。大丈夫?)。マクドナルドは2.6%下落。大日本インキは6%下落。トヨタ自動車も下落・・・・。

逆に東レは5%、TOTOは8%の上昇。

監視銘柄でも、カシオ7%、ユナイテッドアローズ9%、ファーストリテイリングは10%、ピジョンは約8%の上昇。マネックスも9%上昇・・・・・。

上昇銘柄と下落銘柄にどんな関連性があるのか、不思議。ただ、大きく上昇した銘柄には、直近まで売り込まれていたものが多いです。単なる買い戻しなのでしょうか。スカッとした上昇じゃなかっただけに、今後の日本株の動きが気になる・・・。

今日は、残り少ない資金で、日経225を3万円ほどと川崎重工業をミニ株で100株買って、ようやく単元株(1000株)にしました。

※ブログランキング1位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

日本株、上昇したけれど・・・

日経平均は続伸。

でも、個別銘柄の値動きをみていると、イマイチ。

 

株式新聞速報ニュースより↓

・・・・・・・引けにかけて伸び悩んだが、終値では7月31日以来6営業日ぶりに1万7000円台を回復した。中で海運、鉄鋼、商社などが売られたが、保険、銀行株中心の内需セクターや、値がさハイテク株の一角が買われた。
 市場では、「出遅れ銘柄が買われ、指数の下値が固まってきたことは評価して良い。ただ、海運、鉄鋼、商社などが極端に売られているのは気になる」(準大手証券)、「局所的に凄まじい動きだが、ほとんどが売られ過ぎた銘柄。これまでのけん引役は崩れ、値下がり銘柄数が1000近くもあり、いびつな相場だ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比107円51銭高の1万7029円28銭と続伸した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり672、値下がり964。出来高は25億4314万株。売買代金は3兆5733億円。・・・・・

この調整では、とりあえず(含み益のある)重厚長大型銘柄を売っておくのが正解だったのでしょうが、ここまで売られると逆に意地でも売らないぞ、と思ってしまいます。

完全にレンジ相場の下げトレンドに入り売り場を無くした昭和シェル石油。資金があれば買い増ししたかった新日鉄、三菱重工業・・・・・。

・・・・といろいろな銘柄の値動きが気になりますが、今は息をひそめて、成り行きを見守るのみ。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。1位にとどまっているようです。→ブログランキングへ。

 

日経平均、小幅上昇・・・・

日経平均思っていたほど上げませんでした。しかも、ほとんどの銘柄が売られていて(騰落レシオは66に!)、保有株にも2〜3%下げたものがいっぱい。上がった気がしません。

今日は、日経225(投信)を数万円購入、それと上場インデックスファンド225(コード1330)を10株(173000円)の高値買い。

もう本当に、投資準備金がなくなりました。残っているのはM証券に25000円と76000円と2000円と・・。N証券には3万円・・・・。というように、少額ずつしかないので、ほとんど何も買えない・・・・。

しばらく様子見です。

・・・こういう絶好の買い場が年に1〜2回来ると分かっていても、毎年資金が底をつきます。ここで買いたいという時に買えない・・・・。これが株の難しさなんでしょうね。

次回こそがんばるぞ!!

※ブログランキング、1位になっていました。→ブログランキング

久々に株価チェックをしてみると・・・・

パソコンを見ない生活を続けた帰省から帰ってきて、株価チェックをしてみて、愕然・・・・。

もちろん新聞は見ているので、だいたいの株価や相場動向は分かっていたのですが、ネットで改めて持ち株をチェックしてみると、先週比で約5%の下落。1000万円の日本株保有なので50万円下落です。

中国株もぱっとしません。バフェットのペトロチャイナ売却や円高が痛くて、こちらも7〜10%ほどの下落。330万円の保有だったので、約23万〜33万円ほどの下落でしょうか。

米国株も散々です。

FXも、先週からドル円で1円、ユーロ円で2円円高になるごとに外貨買いの指値(0.1単位ずつ)を入れておいたのですが、見事にすべて約定。現在評価損・・・・。

・・・・ということは、今週で合計100万円ほどの損??今週末、時価計算しますが、楽しみに(?)しておきます。

すべてが下落しているなかで唯一上がっているのが、債券。(変動10年の日本国債は債券としての値動きがないので除外)。米ゼロクーポン債の評価額は上がっています。利回りは低下。

・・・さて、今日の日経平均も下げました。でも、底固めしたような動き。明日は上昇でしょうか。米国株式の動向次第。

そろそろ、投資準備金も無くなってきたので、明日は日経225(投信)を買えるだけかって、見守ります。

もしかしたら8月いっぱい調整かも・・・・・と覚悟を決めています。

※ブログランキングまだ2位でした。クリックありがとうございます。→ブログランキング

年金運用4年連続黒字

毎日新聞の記事より

厚生労働省所管の「年金積立金管理運用独立行政法人」は31日、公的年金資金の06年度の運用結果を公表した。外国株式の運用収益などに支えられ、3兆9355億円の運用益を確保。政府の財政融資資金に対する借入利息1747億円を除いた06年度の収益は、3兆7608億円だった。単年度黒字は4年連続で、累積黒字は10兆2697億円と初めて10兆円台に達した。
 同法人は、06年度当初の資産102兆8707億円を運用し、うち市場で3兆6404億円の収益(収益率4.75%)を上げた。7割の2兆6806億円は外国株・債券の運用益によるもので、円安(対ユーロ)が大きく影響した。市場には新規に9兆1250億円を投入した。
 市場運用益に財投債の収益3042億円、年金特別会計からの寄託金13兆6312億円を加えた増収分は17兆5000億円余。ここから同会計への納付金1兆9611億円や財政融資資金からの借入金返還分3兆9218億円などを差し引いた06年度末の運用資産額は、114兆5278億円となる。
 なお、国内株式の運用収益は889億円だったが、有価証券報告書への虚偽記載などが発覚したライブドアの株式を保有していたため、48億円余の損失を出したという。

・・・・・確か、公的年金は運用資金のほとんどを日本国債にあてているはず(60%以上)。日本株式や外国株式・海外債券はそれぞれ10%程度の保有だと思われますが、収益率4.75%はなかなかなのでは?

この収益率よりも、自分の運用収益率は上回っていたいものです。

※ブログランキング。クリックありがとうございます。→ブログランキングへ。

また帰省します。8月6日には戻る予定・・・・・。

ブログランキング 参加中
人気ブログランキングへ

カテゴリー
最新のコメント
バナー
LinkShare アフィリエイト
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
Archives
shopimg125125.jpg
訪問者数

アトリエカタログ MAY.
  • ライブドアブログ