B型家族のハッピー・マネー・ライフ

家族で資産運用。日本株、中国株、投資信託、国債、外債に分散投資で、目標1億円!

2007年09月

9月29日現在の保有株の時価

【9月29日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 189,000
西日本旅客鉄道 2 1,096,000
中国株(9月28日時価)
3,899,040
丸誠 200 103,600
東レ 700 638,400
日本マクドナルド 200 401,000
三菱商事 300 1,092,000
セーレン 200 151,600
ソニー 100 557,000
タカラトミー 100 60,900
吉野家 1 186,000
ダイエー 50 45,500
トヨタ自動車 200 1,356,000
石光商事 100 67,400
イートレード 1 109,000
USEN 100 72,700
ヤフー 3 130,500
リーガル 1,000 195,000
三菱重工業 600 450,600
瑞光 100 103,500
大成建設 1000 333,000
三菱ケミカルHD 500 500,000
天満屋ストア 100 86,400
新日鐵 1000 827,000
楽天 1 45,050
川崎重工業 1000 450,000
大日本インキ 400 203,600
江守商事 100 112,300
ダイワ精工 1000 207,000
TOTO 400 333,200
ユナイテッド・アローズ 100 140,500
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 231,102
シティグループ 40 214,552
グラクソスミスクライン 30 183,429
ファイザー 70 196,542
ゼネラル・エレクトリック 30 142,830
GSGコモディティETF 40 216,982
(投資信託)

上場インデックスファンド225
170,900
日経225
713,144
トヨタアセット海外株式
10,061



国債変動10年
2,000,000



合計
18,051,432



投資準備金
864,613



時価総額
18,916,045
先週比
+691,167
7月の末をピークにどんどん下がり続けたわが家の保有株時価も、ようやくマイナス60万円ほどまで回復してきました。(一時マイナス250万円までいきました。)日本株が戻してきています。日経平均も落ち着きを取り戻しつつあることから、来週は「戻り売り」「やれやれ売り」がたくさん出てきそう・・・・。いったん調整するか、それらの売りを外国人が買いで吸収しながら上昇していくのか、興味深いです。

保有中国株の時価(9月28日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 8.23 1,000 120,981
ジャンスエクスプレス 10 2000 294,000
マーシャンアイロン 8.5 2000 249,900
ファンネンパワー 10,74 4000 631,512
バンクオブチャイナ 4.16 4000 244,608
ペトロチャイナ 14.74 6000 1,300,068
シャンハイシンカコウ 2.756 1500 475,410
チャイナシッピングコンテナ 6.03 1000 88,641
コンストラクションバンク 7.09 2000 208,446
シノペック 9.71 2000 285,474
ICBC 5.45 2000 160,230
合計

3,899,040
先週比で約33万円のプラスでした。ペトロチャイナ、シノペックなどの石油株が上昇。ファンネンパワー、ジャンスエクスプレスも上昇。銀行株はいまいち。

ブログランキングの不具合?または排除?

昨日からブログランキングにアクセスできなくなりました。

不具合があったか、不正通報されて消されたか(まったく理由は思い当たりませんが・・・・・)。いろいろと修復を試みたのですが、どうにもなりません。

一応登録はされているのですが、IDが使えなくなっていて、登録修正も新規登録もできないでいます。

腹が立つので、別のブログランキングを探すことにします。

 

「高齢者医療費負担増の凍結」に反対!!

自民党総裁に福田氏が決定。おそらく現状の日本にとって(または自民党にとって)ベストの選択だったのではないかと思います。個人的にも好きだし・・・・。(ちなみに妻は昨夜かかってきた世論調査で福田さんを支持しないと回答。)

ただ、公約に挙げていた「高齢者医療費負担増の凍結」はどうなのでしょうか??

圧倒的な政治力を持つ高齢者への配慮が必要なのは理解できるのですが、高齢者ばかりに配慮した政治にうんざりしているのも事実。そんな思いを代弁したかのような記事が25日(火)の日経新聞に出ていました。以下、長いですが引用。

2006年成立の医療制度改革関連法は高齢者医療について08年4月に大きな制度改革を実施すると規定している。自民・公明の両与党が成立させた法律である。

 

内容は、

。沓戯舒幣紊鯊仂櫃砲靴唇緡点度を新設して保険料負担を新たに求める。

現役世代並みの所得水準に満たない70代前半の人(夫婦世帯520万円未満)が病院や診療所にかかったときの窓口負担を1割から2割に上げる。

  (ちなみに現役世代並みの収入がある高齢者はすでに3割。)

 

生活費を年金に頼る層に負担を求めるのには理由がある。

長寿化に伴って膨張することが避けられない高齢者医療費は、現役世代が払う健康保険料や税金でも賄っている。その現役世代の人口はこの先、加速度的に減る。そこで高齢者自身にコスト意識を高めてもらい、消費している医療費に無駄があるとすればそれを早めに直し、現役世代の負担が将来も過重にならないようにする。これが狙いだ。

「改革には痛みが伴う」の典型例だろう。しかし今の小さな痛みには将来の大きな痛みを和らげる効果がある。・・・・・十年後、戦後のベビーブーム期に生まれた団塊世代が七十歳に達し始める。負担の適正化は先送りすればするほど至難の業になる。

・・・・・・(略)・・・・・

医療の安心とは国民皆保険制を将来も揺るぎないものにすることに尽きる。それには将来世代も医療費を無理なく負担できる水準に抑えておかなければならない。だからこそ、自公両党は06年の法改正でえ高齢者にも相応の負担を求めたのではないか。

・・・・(略)・・・・・・

邪推かもしれないが、いずれ避けられないであろう衆院解散・総選挙をにらんだ負担凍結だとすれば現役世代や将来世代の民意を読み違えている。(編集委員 大林 尚)

 

最後の文章に拍手!!自公も(同じ凍結案を出している民主も)民意を読み違えている!

 

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

 

本当に株で資産を増やせているのだろうか?

昨日の続き。

保有株の時価」で05年4月ぐらいから時価を計算していたので、さっそく過去記事を調べてみることに・・・・。

すると、

05年度がプラス83万円!

06年度がプラス95万円!

07年度(4月〜9月)が現在プラス100万円でした。

あ〜ぁ、計算して良かった。プラスでほっとしました。

05年度は投資資金500万円ほどでの結果なので約13%の利回り。06年度は800〜900万円ぐらいの投資なので約10%ぐらいでしょうか。07年度は日本株1000万、中国株350万円、その他約150万円での運用。今のところ6.7%。

ただ、この結果には中国株が入っているので、時価計算に変えた06年度からはプラスの金額はほとんど中国株。日本株だけではおそらく大きなマイナスになっていたはず・・・・・・。

※ブログランキング変更しました!→ブログランキング

ブログを修理

昨夜、ライブドアブログの仕様が変更になっていることに気付きました。

さっそく開発日記を覗いてみると・・・・

ブログの表示形式・表示件数が変更になったらしいです。

どういうことかというと、あるカテゴリー内の記事が100件あったとすると、今までは全ての記事を閲覧できたのに、これからは10件、30件、50件と件数を区切りますよ、その代わり表示が10件の設定なら10件目の下に「次のページへ」のボタンが付く、ということだったのですが・・・・・・

ライブドアブログ初期の頃にカスタマイズして作ったブログでは、その「次のページへ」が出ない!!(ちなみにこのブログも、いろいろな方のブログを参考にHTMLをいじってつくったもの。当然、「次のページへ」が出ませんでした。)

こうなると、カテゴリー内に100件、200件の記事があっても、見ることができるのは最初の10件だけ、となってしまいます。

困って、あちこちのブログを覗いてみると・・・・・、みなさんすごいですね。たくさんの解決方法が見つかりました!!

それで結局、こちらのブログの記事を参考に改善することが出来ました。

過去の記事を見ることができるようになり、ほっと一息。でも、なぜ過去の記事を見ようと思ったのかというと・・・・・・

 

この3連休前にふと思ったんです。果たしてわが家は本当に株で資産を増やせているのだろうか??と。

・・・・長くなったので、続きは明日・・・・・

ブログランキング1位でした。ありがとうございます。→ブログランキング

 

ファイザーとシティグループの配当

ファイザーとシティグループの配当が届いていたことを忘れていました。

シティが17.54ドル(ドル円115円で計算して)、2017円。

ファイザーが16.46ドルなので、1892円。2社の計3909円。

今年度の配当金の合計は97021円になりました。

米国株も中国株と同様、配当金が証券会社の口座に直接入金されるのがいいです。受け取りに行く手間が省けるし、すぐに再投資に回せます。

9月22日現在の保有株の時価

【9月22日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 181,000
西日本旅客鉄道 2 1,078,000
中国株(9月21日時価)
3,569,496
丸誠 200 98,800
東レ 700 601,300
日本マクドナルド 200 397,600
三菱商事 300 1,068,000
セーレン 200 152,000
ソニー 100 534,000
タカラトミー 100 57,800
吉野家 1 182,000
ダイエー 50 42,000
トヨタ自動車 200 1,312,000
石光商事 100 66,500
イートレード 1 89,000
USEN 100 70,100
ヤフー 3 119,700
リーガル 1,000 191,000
三菱重工業 600 403,200
瑞光 100 102,800
大成建設 1000 319,000
三菱ケミカルHD 500 490,500
天満屋ストア 100 86,000
新日鐵 1000 822,000
楽天 1 41,100
川崎重工業 1000 414,000
大日本インキ 400 200,800
江守商事 100 115,000
ダイワ精工 1000 204,000
TOTO 400 337,600
ユナイテッド・アローズ 100 121,000
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 234,823
シティグループ 40 217,729
グラクソスミスクライン 30 186,394
ファイザー 70 197,210
ゼネラル・エレクトリック 30 142,313
GSGコモディティETF 40 216,292
(投資信託)

上場インデックスファンド225
165,400
日経225
686,565
トヨタアセット海外株式
9,965



国債変動10年
2,000,000



合計
17,360,587



投資準備金
864,292



時価総額
18,224,878
先週比
+413,549
先週比で+41万円でしたが、そのうち28万円は中国株、1〜2万円は米国株で日本株は約10万円ほどのプラス。電機や自動車、小売り・・・・日本株の低迷が続きます。昭和シェル石油を売却して、ユナイテッドアローズを買い増し、100株にしました。保有していない銀行株・証券株・不動産株の下げが大きいそうで、しばらく様子を見て保有を考えます。※ブログランキング、変更しました。

保有中国株の時価(9月21日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 8.12 1,000 119,364
ジャンスエクスプレス 9.4 2000 276,360
マーシャンアイロン 8.09 2000 237,846
ファンネンパワー 8.86 4000 520,968
バンクオブチャイナ 3.97 4000 233,436
ペトロチャイナ 12.96 6000 1,143,072
シャンハイシンカコウ 2.786 1500 480,585
チャイナシッピングコンテナ 5.21 1000 76,587
コンストラクションバンク 7.45 2000 219,030
シノペック 8.92 2000 262,248
ICBC 5.4 2000 158,760
合計

3,569,496
先週比で約28万円のプラスでした。日本と違い中国はサブプライムショックから立ち直りつつあります。保有株もそれなりに上昇しましたが、売ってしまった銘柄はもっと大きく上げ続けています。中国建材は十数万円で購入し40万円台で売却してしまったのですが、現在75万円!こういうのを見ていると、株は売ってはいけないなと、つくづく思います。

昭和シェル石油を売って、ユナイテッドアローズを買う

昨日、昭和シェル石油の残り100株を売りました。

利益が出ていたことと、ペトロチャイナやシノペックなど中国の石油関連株をいくらか持っているので、日本の石油株はもういいやと思ったのが、売りの理由です。

代わりにユナイテッドアローズをミニ株で30株買って100株の最低単位にしました。

・・・・・で、いつものように売った株は上がり、買った株は下げていました。今日のような爆騰の日に・・・・・。

さて、利下げで急上昇した米株市場。今日の動きに注目です。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

 

FF金利下げでゼロクーポン債は??

藤原さんという方から、米国の利下げのゼロクーポン債の価格・利率への影響についてのコメントをいただきました。↓

・・・・・・(略)・・・・米国FOMCが18日に迫っていますが0.25%ないしは0.5%の利下げ、年末までには更にFFレートの利下げが予測されています。

この利下げが行われると米国ゼロクーポン債の価格はどうなるのでしょうか??

FFレート利下げ→株価の上昇→債券価格の下落(利回り上昇)となるのでしょうか?・・・・・(略)・・・・・

とても興味深い問題で、夜遅くまで考え込んでしまいました。

・・・・・・まず、コメント欄にも書いたのですが、債券の基本は「利下げは債券価格の上昇(利回り下落)」だと思います。ただ、今回の利下げはサブプライム問題解決のための利下げなので、藤原さんの書かれた >FFレート利下げ→株価の上昇→債券価格の下落(利回り上昇)も一時的にはあるかもしれません(債券に逃げていた資金が株に流れるため)。

で、結局どうなるのかというと、短期的にはどちらもありのような気がします。

でも、FFレートは日本の無担保コール翌日物金利と同様の短期金利なので、そのFFレート下げが、必ずしも長期金利に影響を及ぼすとは限らないと思います。長期金利を決めるのは市場なので(FFレートの動向から長期金利を予測し債券の売買を行い、それが長期金利に反映されていく)。第一、米国はインフレ懸念があるので、FFレートもそれほど頻繁に大きく下げられないのではないでしょうか。

では、長期金利は今後どうなるのかということですが、

FFレート下げで現在の長期金利と短期金利の逆転現象(短期金利のほうが高い)が解消されていくぐらいで、長期金利はあまり変化がないような気がしています。3.5%〜6%ぐらい??で行き来するのではないでしょうか。(米10年債利回りチャート

今日現在のゼロクーポン債(期間20年前後)の利回りが約4.6〜4.8%なので、これぐらいの金利で十分と考えるなら、ゼロクーポン債購入もありだと思います。

・・・・結局、長期金利の予想はプロでも難しいらしいので、単純に、「5%越えるぐらいで買おうかな」ぐらいの気持ちで購入するぐらいが良いのかもしれませんね。

※これらはすべて一素人の考えですので、予想が外れたり、間違っていたりしたらごめんなさい。

ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング


9月15日現在の保有株の時価

【9月15日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 185,000
西日本旅客鉄道 2 1,070,000
中国株(9月14日時価)
3,290,862
丸誠 200 104,000
東レ 700 579,600
日本マクドナルド 200 394,000
三菱商事 300 1,005,000
セーレン 200 154,000
ソニー 100 542,000
タカラトミー 100 59,100
吉野家 1 185,000
昭和シェル石油 100 143,900
ダイエー 50 40,700
トヨタ自動車 200 1,306,000
石光商事 100 68,500
イートレード 1 94,600
USEN 100 70,200
ヤフー 3 122,250
リーガル 1,000 197,000
三菱重工業 600 388,800
瑞光 100 101,000
大成建設 1000 332,000
三菱ケミカルHD 500 475,000
天満屋ストア 100 87,100
新日鐵 1000 776,000
楽天 1 41,900
川崎重工業 1000 412,000
大日本インキ 400 189,200
江守商事 100 113,700
ダイワ精工 1000 209,000
TOTO 400 342,800
ユナイテッド・アローズ 70 102,900
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 229,391
シティグループ 40 214,190
グラクソスミスクライン 30 183,961
ファイザー 70 195,212
ゼネラル・エレクトリック 30 139,208
GSGコモディティETF 40 208,472
(投資信託)

上場インデックスファンド225
163,400
日経225
680,700



国債変動10年
2,000,000



合計
17,034,246



投資準備金
777,084



時価総額
17,811,329
先週比
-39,806
中国株のプラスを日本株と米国株が消してしまいました。トヨタアセット海外株式(投信)すべてと日経225(投信)を少々売却。ミニ株で三菱重工業を400株、新日鐵を400株、ユナイテッドアローズを70株購入。USENを60株買い増し。 ブログランキング、クリックありがとうございます。→人気blogランキングへ

保有中国株の時価(9月14日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 7.89 1,000 115,983
ジャンスエクスプレス 8.45 2000 248,430
マーシャンアイロン 7.46 2000 219,324
ファンネンパワー 8.56 4000 503,328
バンクオブチャイナ 3.88 4000 228,114
ペトロチャイナ 11.56 6000 1,019,592
シャンハイシンカコウ 2.472 1500 426,420
チャイナシッピングコンテナ 5.43 1000 79,821
コンストラクションバンク 6.99 2000 205,506
シノペック 8.31 2000 244,314
ICBC 5.07 2000 149,058
合計

3,290,862
先週比で約9万円のプラスでした。銀行株は軟調ですが、マーシャンアイアン、シャンハイシンカコウコウキカイが堅調。これで石油株が復活してくれたら・・・・・。 ※人気blogランキングへ

投資信託を解約

海外株式への投資としてトヨタアセット海外株式、日本株への投資として日経225を積立、あるいは買い増ししていたのですが、サブプライム問題をきっかけにいろいろと思うところがあって、少しずつ売却していっています。

手数料などのコストをできるだけ安くすることが、資産を増やすコツだそうですが、そのようなコストを安く、バランスよく分散投資する方法として、投資信託を買っていたのですが・・・・・

つまんない!

面白くない!

個別銘柄には、様々な業務内容があり、業績の変化があり、株主の権利として配当・優待があるので、今回のような株安にも我慢ができるのですが、投資信託の下げには耐えられない!

利益のあるうちに売却。

今日の日経平均、小さく上昇ですが、個別に株価を見ていくと下げ続けているものがいっぱい。

現金化したお金で買っておこうと思っています。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

 

日経平均乱高下

・・・・・・市場では、「政治空白はマイナス。外国人投資家がどう行動するかが最大のポイントになる。ただ、国内ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に大きな変化はなく、現状では2番底形成中と読んでいる」(準大手証券)、「問題は、海外投資家が安倍首相辞任をどう消化するかだ。数カ月単位で日本をアンダーウエートにする可能性がないとは言い切れない」(米系証券)、「週末のメジャーSQ(特別清算指数)算出日を前に首相の辞意表明はタイミングが悪すぎる。政治空転で外国人投資家はネガティブに受け止めるとみられ、不透明感が一段と増した」(中堅証券)などの声が聞かれた。平均株価は終値で前日比80円7銭安の1万5797円60銭と反落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり639、値下がり965・・・・・・ 株式新聞速報ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:株式新聞社

今日は明らかに上昇すると思われた日経平均。首相の辞意表明で動きが荒くなりました。

保有株の中でも、建設・化学・繊維の株価が軟調です。でも、いまさらどうにもならないので、動きを見守るのみです。

最近、株より面白いのがFX。先週から今週にかけての円高でまた米ドルを買い始めました。ただ米ドルばかりでは、利下げリスクもあるし、面白くないので、豪ドル・NZドルを少々買っています。156円台でのユーロも狙っていたのですが、逃しました。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

 

新日鐵と三菱重工業、USENを購入

やはり、日経平均は大幅安。

今日は新日鐵を200株、三菱重工業を200株(共にミニ株で)、USENを60株買いました。マネックスのミニ株キャンペーン期間なので1約定99円。これだけ安いと気兼ねなく買えます。

明日以降も上がる保証はないのですが、これだけ動きが激しいと買いたいものを買えるだけ買ってしまおうという気持ちになってしまいます。

明日も新日鐵を買って、やっと単元株(1000株)にできそうです。

ブログランキング1位でした。→ブログランキング

9月9日現在の保有株の時価

【9月9日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 176,000
西日本旅客鉄道 2 1,088,000
中国株(9月7日時価)
3,206,708
丸誠 200 107,000
東レ 700 606,900
日本マクドナルド 200 398,200
三菱商事 300 948,000
セーレン 200 159,600
ソニー 100 564,000
タカラトミー 100 60,900
吉野家 1 186,000
昭和シェル石油 100 139,400
ダイエー 50 41,700
トヨタ自動車 200 1,320,000
石光商事 100 68,800
イートレード 1 99,000
USEN 40 28,720
ヤフー 3 130,200
リーガル 1,000 198,000
三菱重工業 200 131,800
瑞光 100 101,800
大成建設 1000 355,000
三菱ケミカルHD 500 490,000
天満屋ストア 100 88,800
新日鐵 600 473,400
楽天 1 43,450
川崎重工業 1000 429,000
大日本インキ 400 180,400
江守商事 100 112,500
ダイワ精工 1000 214,000
TOTO 400 362,400
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 235,135
シティグループ 40 217,505
グラクソスミスクライン 30 181,710
ファイザー 70 201,684
ゼネラル・エレクトリック 30 131,944
GSGコモディティETF 40 198,398
(投資信託)

トヨタアセット海外株
314,960
上場インデックスファンド225
163,700
日経225
755,865



国債変動10年
2,000,000



合計
16,746,879



投資準備金
1,104,256



時価総額
17,851,135
先週比
+162,147
50万円を追加資金として入れたため、実際はマイナス34万円でした。中国株がマイナス4万円。日本株がマイナス30万円。来週も週始めは軟調な展開になりそうです。昭和シェル石油を100株売却。約7000円の利益でした。イートレード証券がメンテナンス中(この証券会社しょっちゅうメンテナンス中になります・・・)のため、バンクオブアメリカからファイザーまでは今日現在の時価が分からないので、先週時の時価そのままです。・・・・さて、日本株が来週大幅な値下げで始まるようなら、新日鐵、三菱重工業、USENなどを買い増ししたいです。※ブログランキング1位でした。ありがとうございます。→人気blogランキングへ

昭和シェル石油の配当

昭和シェル石油の配当が到着しました。

200株で3240円でした。

これで今年度の配当は合計93112円になりました。

 

・・・・・この昭和シェル石油、昨日(金曜日)に100株売却してしまいました。現金を増やしておきたかったので・・・・・。

ここは、わが家の「レンジ相場」銘柄で、1200円台で買って1300円台で売却することに決めていた(これだけで約8%の利益)のですが、今回は1500円台後半まで上昇したのを見てしまい、欲が出てしまいました。信用売り残も多いしもっと上がると・・・・・。結局、天井では売れず1300円台で売ることに・・・・・。

難しいですね。

※ブログランキング、かろうじて1位にとどまっているようです。ありがとうございます。→ブログランキング

保有中国株の時価(9月7日)

【中国株の時価】
銘柄名 株価 株数 時価
カントンデンリョク 7.57 1,000 112,036
ジャンスエクスプレス 7.96 2000 235,616
マーシャンアイロン 6.66 2000 197,136
ファンネンパワー 8.62 4000 510,304
バンクオブチャイナ 3.94 4000 233,248
ペトロチャイナ 11.28 6000 1,001,664
シャンハイシンカコウ 2.16 1500 373,248
チャイナシッピングコンテナ 5.72 1000 84,656
コンストラクションバンク 6.94 2000 205,424
シノペック 8.56 2000 253,376
ICBC 5.14 2000 152,144
合計

3,206,708
あまり変化がなく、約4万円のマイナスでした。先月買い増しした中国銀行は下落で他の建設銀行、商工銀行は上昇!この3行で何を買い増しするか迷っていたくらい同じような銀行なのに、買ったものだけ下げる・・・・・。香港ドル14.8円、米ドル115.2円で計算しました。※ブログランキング1位でした。ありがとうございます。→人気blogランキングへ

今日の日経平均の下げは怖い・・・

日経平均は3日続落。

5日後場の東京株式市場では、株価指数先物主導で売られ、全面安商状に下げ幅を拡大した。平均株価は終値で前日比262円2銭安の1万6158円45銭と大幅に3日続落し、ほぼ安値引け。8月30日以来の1万6200円割れとなった。「前場に公的機関の売り注文が相当数残り、後場は先物で仕掛け売り、投げ売りの連鎖反応が起こった」(中堅証券セールストレーダー)とし、現物株指数の一段安につながった。新発10年物国債利回りの低下から、「債券先物買い、株価指数先物売りの動き」(準大手証券ディーリング部マネジャー)も指摘された。「欧州マネーは不動産セクター中心に玉外しに掛かっている」(米系証券ヴァイス・プレジデント)こともあり、東証の業種別株価指数では不動産を筆頭に33業種すべてが下落し、値下がり銘柄数は全体の87%強に達した。
 市場では、「先物主導とはいえ、情けない。引き続き米経済指標には注意が必要だが、国内要因で売りたたく理由は見当たらない」(準大手証券・マーケットアナリスト)との声が聞かれた。東証1部の騰落銘柄数は値上がり161、値下がり1509。・・・・・・

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS−EXPRESS ] より

先週末からの米株高を全く反映していない日本株。昨日のダウの動きを見れば今日は絶対に上げだと確信していて、もし今日がダメならしばらく調整するのかな?と思っていたのですが、その悪いほうがあたりそう・・・・。また為替も円高に振れているし・・・・。

自分の心の中で、「塩漬け銘柄も、利益の出ている銘柄も売れそうなものはいったん売って現金に替えておこうかな・・・・・」という気持ちがどんどん大きくなってきています。多分売らない(売るに売れない?)けど・・・・。

明日からの2日間で、恐れていた「2番底」が来て底入れになるのでしょうか?あるいはだらだらと続く下げ相場の入り口??

※ブログランキング1位でした。クリックありがとうございます。→ブログランキング


 

マネックス証券がミニ株手数料値下げキャンペーン

マネックス証券がミニ株の手数料値下げキャンペーンをしています。

1約定がなんと99円!!

・・・・ということは、ソニー100株56万円を一度に買うのは不安・・・・というときに、今日50株28万円。少々値を下げた1週間後に残りの50株を購入、という買い方ができます。これで手数料の合計は198円!!安い!

さっそくミニ株購入!といきたいのですが、資金が無い!もう1ヶ月ほど前にこのキャンペーンをして欲しかったです。

※ブログランキング、クリックありがとうございます。→ブログランキング

 

 

9月1日現在の保有株の時価

【9月1日現在の保有株の時価】
銘柄名 株数 時価
三洋電機 1,000 180,000
西日本旅客鉄道 2 1,118,000
中国株(8月31日時価)
3,247,660
丸誠 200 110,000
東レ 700 619,500
日本マクドナルド 200 394,000
三菱商事 300 978,000
セーレン 200 173,200
ソニー 100 558,000
タカラトミー 100 65,000
吉野家 1 187,000
昭和シェル石油 200 281,200
ダイエー 50 43,600
トヨタ自動車 200 1,352,000
石光商事 100 69,800
イートレード 1 104,000
USEN 40 30,200
ヤフー 3 128,700
リーガル 1,000 199,000
三菱重工業 200 141,800
瑞光 100 100,000
大成建設 1000 370,000
三菱ケミカルHD 500 542,000
天満屋ストア 100 89,100
新日鐵 600 487,200
楽天 1 42,900
川崎重工業 1000 455,000
大日本インキ 400 191,600
江守商事 100 113,000
ダイワ精工 1000 223,000
TOTO 400 369,600
(米国株)

バンクオブアメリカ 40 235,135
シティグループ 40 217,505
グラクソスミスクライン 30 181,710
ファイザー 70 201,684
ゼネラル・エレクトリック 30 134,918
GSGコモディティETF 40 199,467
(投資信託)

トヨタアセット海外株
301,650
上場インデックスファンド225
167,900
日経225
776,739



国債変動10年
2,000,000



合計
17,212,868



投資準備金
476,121



時価総額
17,688,988
先週比
+333,504
先週比で中国株が13万円のプラス。米国株が1万円ほどのマイナス。日本株が約21万円のプラスでした。小売り・外食・建設・繊維・・・・と、ほとんどの銘柄がそれほど上がっていません。良かったのはネット株と輸出銘柄ぐらい。まだまだ為替の動きに連動した値動きが続きそうです。※ブログランキング2位でした。ありがとうございます。→人気blogランキングへ
ブログランキング 参加中
人気ブログランキングへ

カテゴリー
最新のコメント
バナー
LinkShare アフィリエイト
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
Archives
shopimg125125.jpg
訪問者数

アトリエカタログ MAY.
  • ライブドアブログ