楽天証券メンテナンス中のため、保有株の計算ができませんでした。まぁ、どうせ50〜60万円のマイナス・・・・・。

昨日気になる記事を見つけました。

まず、ロイターの記事。

・・・・信用収縮不安が根強く買い手不在の中、ヘッジファンドなど海外勢がぜい弱な日本株を売りたたくタイミングを虎視眈々(こしたんたん)と狙っているという。円高が再び進行する懸念も残るが政策への期待は薄い。

 来週の日経平均株価の予想レンジは、1万2500円─1万3300円。

 <弱者の日本株をたたく動きが続く可能性>

 「大きく稼ぐには強者にはこびる一方で、泥まみれの弱者をたたくのが一番。一番の弱者が日本株だ」──。欧州系証券のある株式担当者はそう語る。

それと、ヤフーファイナンスより

・・・・市場からは、「先物は一部の大口プレーヤーが大暴れしている感じだ。買いあおって踏まさせたり、売りを浴びせたりとやりたい放題。逆に言えば、大きな方向性を出せるほど現物に力がないということ」(中堅証券)との声が聞かれた。

ヘッジファンドが先物を使って動かしている相場に、その他大勢が振り回されているということなのでしょうか?どうにもならなくなって、投げ売りが殺到するまで売り浴びせが続くのでしょうね。

ヘッジファンドに追従することもできないので、安くなったら買いたい銘柄を買い増すことにします。