寄り付きからずるずると下げて、結局200円安。

ドル円81円台が理由のようですが、ここ最近過熱感があったのも事実。騰落レシオが120台まで近づいていたし、MACDが下げを示唆していました。でもこれらはあくまでも指数なので、なかなか動けない。

今日は輸出関連株(ソニー、トヨタなど)が下げていましたが、チェック銘柄の中でも目を引いたのが関西電力。東電につられての下げ。その東電は公募増資価格決定期間入りらしいです。

この関西電力、配当利回りが3.1%になりました(減配、無配を考慮せずですが・・・)。なかなか魅力的。

人気ブログランキングへ