このブログの右下のライブドアニュースを見てみると・・・・

安倍首相が所信表明演説で早期実施をブチ上げた「ねんきん定期便」。老後に受け取れる公的年金の見込み額などを加入者全員に通知するというもので、約7000万人に対してかかる費用は年間約110億円と報じられた。

・・・・こんな記事が出ていました。

最後は「人気取りのパフォーマンスで血税をムダ遣いされたら、国民はたまったもんじゃない。」と結んでいました。

でも、この「ねんきん定期便」は、本当にムダ遣い??

・・・・・少なくとも、自分の年金の見込額が分かることは大事なことだと思うのです。

将来支払われるべき年金額が分かっていれば、老後に備えるべきお金が計算しやすい。それに、毎年年金見込額が増えていくのを見られるということは保険料を払う動機付けになるし、もし社保庁が計算を間違えた、または記録が無くなったとしてもすぐに気付くことができる。

また、この記事の中ほどには、若者が年金不信になった理由を「そもそも国民の間に年金不信が広がったのは、社保庁のムダ遣いが原因。」としていますが、果たしてそうなのでしょうか?

年金不信の理由は、

(Г辰秦躋朧幣紊鯱係紊北磴┐覆ぁ兵尊櫃砲呂修Δ任呂覆ぁ)かのような報道。

⊆分たちが払った保険料を現在の高齢者が使って、自分が高齢になったときには年金が減らされそうに感じる世代間の不公平感。

・・・・・だと思うのですが。

最近、ようやく「年金」の勉強をしなければいけない!と思い始め、何冊か本を読んでいるのですが、それらの本を読んだ上での感想でした。(間違っていたらゴメンなさい)