B型家族のハッピー・マネー・ライフ

家族で資産運用。日本株、中国株、投資信託、国債、外債に分散投資で、目標1億円!

確定申告

E-TAXで確定申告

子どもの歯科の医療費がかかったのと、ふるさと納税のことで、確定申告をしました。
今年こそスムーズに!と思って始めたのですが、やっぱり時間がかかってしまいました。
まず、最初の設定の段階でいつも引っかかります。
それと最後のパスワードを入れる時に5回違うものを入れてしまい、ロックがかかって・・・
結局、市役所で解除手続きの後、終わったのは1週間後でした。

e-taxで医療費控除

27年度の医療費控除をe-taxでしました。

何回やっても慣れないので、また1時間半ほどかかってしまいました。

今回は、個人番号カードになって初めて。使い勝手は良くなっている。

ただ、時間がかかってしまったところが1点。
Microsoft edgeには対応していないので、Internet explorerで手続きをしなければなかなかったこと。

もっと先に言ってくれたら・・・・という感じでした。
作成して、送信の段階で、「対応していない」 と、なっても・・・・。

絶対何かあるので、何度も保存しつつ進んっでいって正解でした。

ちなみに、返ってきた金額は千数百円!!
医療費10万円を超える額が数千円でした。

一時間半のe-tax練習でした。

医療費控除

株の損益通算に続いて、医療費控除もE−TAXでしました。
子どもの矯正やら夫婦のアレルギーの薬代などで、久しぶりに医療費が10万円を超え、総額50万円以上に。

4〜5万円ぐらいかえってくればいいかなと思っていたところ、なんと8万円強が返還されるということでした。がんばってみて良かった。

さて、その医療控除ですが、一治療ごとに、名前・病名・病院名・病院の住所を書くのがたいへん面倒。全部で50件ほど記入していったでしょうか。
おまけに最初は、40件目ぐらいまで終わったときに、突然画面がひとつ前に戻ってしまい、せっかく記入した項目がすべて白紙になってしまいました。
これは、やる気を無くさせる国税庁の陰謀??


確定申告はやっぱり面倒

3月末に確定申告をしました。相変わらず株の損を先送りするための申告でした。
E−TAXでするのも、もう4回目ぐらいなのですが、毎年、雑誌の「確定申告」特集を見ながら、格闘します。

ようやく完成して、さて送信!と思ってボタンを押すと、受付時間を過ぎているので、保存して次の日にもう一度実行しなければならなかったり・・・と、毎回思うのですが、もう少し簡単に便利にならないものでしょうか。




確定申告は難しい

今年度も忘れていた確定申告をしました。

毎年のことなので今年こそはスムーズにできるかと思っていたのですが、やっぱり難しい。

電子証明の期限(3年)が切れていたので、市役所で手続きは終えていたのですが、その電子証明の更新をネット上で行うのにまず手間取りました。

さらにパソコンを買い換えていたので、公的認証ソフトをダウンロードしていない!!

カードリーダーを認識させなければならない!!

おまけに、給与所得を21年度のもので打ち込んでしまったり、子どもの生年月日を1年前の年で登録してしまったり(これらはあきらかに自分のミスなのですが・・・)でやり直しと、ものすごく時間がかかってしまいました。

結局、夫婦二人分の確定申告で約2時間半!!

22年度は株式で利益が出たので、21年度までの株の損失との相殺をしました。まだ損がたっぷり残っているので、今年度株の大幅上昇があっても大丈夫??

来年こそは、短時間で終えるようにしたいです。

人気ブログランキングへ←ありがとうございます。

確定申告をする

今年も確定申告をe-taxでしました。

毎年改良されているようで、使い勝手も良くなってきているのですが、それでもまだ難しいです。

言葉が理解できずに、どこに進んでいいかが迷ってしまいます。

1時間ほどでなんとか完了。(今年も損失繰越)

妻の確定申告も約1時間ほどで終了(こちらは今回が初めてということで5000円還付がありました)。

少しずつ慣れてきているので、来年こそは迷わずにスイスイと進めていきたいです。(さらに繰越続きの損失を利益で消し去りたいです)

年間取引報告書

各証券会社から、年間取引報告書が届き始めています。

もうそろそろ、確定申告の準備をしていかなければなりません。

昨年も大きなマイナスだったはずなので、損失繰越をします。ここ数年、毎回損失繰越してるよなぁ〜と思いながら、取引報告書を見ています。

e-taxでの確定申告はやっぱり難しい・・・

週末にe-taxを使って確定申告をしました。

株の口座が特定口座の「源泉徴収無し」を選択しているので、利益が20万円以上あるか、損失がでた場合確定申告を自分でしなければなりません。

昨年は当然、株の損失がでたので、その損を3年間先送りするために確定申告をしたのですが、難しい!!

昨年も同じことをしているはずなのになかなかうまくできないんです。パソコンを買い換えたのもあって、事前準備からやり直し。

ICカードリーダライタのドライバーのインストールから、事前準備セットアップ、ブラウザの設定、公的個人認証利用者クライアントソフト(・・何この訳の分からない名前??)のインストール・・・・・。

とても、「簡単」とはいえないような作業内容でした。かれこれ3時間ほどかかってようやく完成。無事50万円ほどの損失先送りが終わりました。

このe-taxでの確定申告、そのうち大幅に変更されると予想します。今のままの複雑怪奇なやり方では、「パソコン」と「税金」に詳しい人でないと出来ない!!

←ブログランキング参加中です。

譲渡損失の繰り越し控除のための売り

今年もあともう少し。今日はまたドル円90円割れで、まだまだ不穏な感じが漂っている株式市場ですが、確定申告のための「売り」注文をいくつか出しました。

「譲渡損失の繰越控除」の申告をするためで、今後3年間の株や投信の損益と通算することができます。

100万円の損失を来年に繰り越しておくと、来年110万円の譲渡益をあげたとしても通算して10万円の利益。働いている人は20万円の仕事以外の利益は「少額不追求」のため、税金を払わなくてもよい。

来年の利益が10万円で損失と相殺しても90万円の損失が残ったとしても、また再来年に繰り越し・・・・・。

・・・・・将来の大儲けに備えての損失確定、と自分に言い聞かせての売却です。

ダイエーを50株と川崎重工業を1000株、ビックカメラを1株売却。これで約30万円ほどの損失。(ただ、ダイエーとビックカメラはすぐに買い戻し)

他にもいくつかの銘柄を売却する予定。(これらも損失だけ確定させて、ほとんどの銘柄をまた買い戻すけど・・・・・・)

e-TAXでの確定申告終了!

週末から始めていたe-TAXでの確定申告が終わりました。

「ネットで楽々!」ということですが、慣れるまでに時間がかかりました。

まず、家電量販店にカードリーダライタを探しに。

特殊な商品のためか店頭では見つけられず、店員さんに「確定申告の・・・・・」とたずねるとすぐにレジ後の棚から出してくれました(ヨドバシカメラ)。シャープ製で2900円ほどでした。他に日立製3100円のものと2種類しか無かったので、安い方を選択。

ICカードには、端子が付いているものと付いていないものがあって、各自治体によって違うらしいです(・・・・・このあたりから、何やら複雑そうな雰囲気がただよってきていました)。わが家の自治体は端子付きカードなので、「接触型」「非接触型」どちらのカードリーダライタでもOK。

家に帰って、カードリーダライタのドライバーを製造元のシャープのホームページからダウンロード。PDFファイルの説明を見ながら、無事終了。

次に市役所でもらった「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」をインストール。

ここまでで、ハード面での準備が終わりました。

その後、ソフトを開けて確定申告を始めるための準備(ファイル作成など)、確定申告の記入をしていったのですが、長くなったので、また次回に。

 

確定申告の準備

昨年は約7万円のマイナスになったため、損失繰り越しのための確定申告をすることになりました。

e-TAXでの確定申告が楽そうなので、今年からはネットですることに。

準備するものとして、

―嗣唄靄楝翊▲ード(ICカード)を入手して、電子証明書を発行してもらう。

ICカードリーダライター

が必要なようです。

,禄猗できましたが、住基カードを入手するために2回役所に行かなければならず、面倒。2回目にカードをもらえ、電子証明書の発行ができました。(カード、電子証明の手数料が共に500円で計1000円。金額は市町村によって違うらしいです)

△郎週末に家電量販店に行って買います。3000円ぐらい。

2月中には、確定申告を終わらせたいです。

・・・・ちなみに、昨年の妻の口座は中国株売却が貢献して約60万円のプラスでした。ただ、妻の口座は「源泉徴収あり」にしているので、売却と同時に税金が引かれています。約6万円・・・・・。

 
ブログランキング 参加中
人気ブログランキングへ

カテゴリー
最新のコメント
バナー
LinkShare アフィリエイト
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
Archives
shopimg125125.jpg
訪問者数

アトリエカタログ MAY.
  • ライブドアブログ