B型家族のハッピー・マネー・ライフ

家族で資産運用。日本株、中国株、投資信託、国債、外債に分散投資で、目標1億円!

09年度の配当・優待

マクドナルド、リサ・パートナーズの配当

マクドナルド300株分の配当が8100円(税抜き)。

リサ・パートナーズが1株で1350円でした。

マクドナルドは6枚つづりのセット券が3冊。1食700円とすると1冊4200円。3冊で12600円分!!嬉しいです。

配当の計が9450円だったので、今年度の配当額合計は209578円になりました。

年度当初の目標は金融危機の影響を受けると考えて、12万円程度にしていました。希望は20万円ほしいと書いていたのですが、その希望額に届いて良かった。

 

ファイザーの配当

ファイザーの配当が到着。

130株で1860円(税抜き)の配当でした。

これで今年度の配当の合計は200128円になりました。

今年度の目標の20万円は達成。3月末にはマクドナルドの配当も加わります。

さて、来年度ですが、減配する企業が相次いでいるので、今年度と同様に20万円程度になりそう。

伊藤園優先株式の配当

伊藤園優先株式の配当が2400円。

米国株のグラクソスミスクラインが60株で2686円でした。

今年度の配当の合計は198268円になりました。

・・・・・その伊藤園優先株式ですが、絶対に普通株より有利。

優先株式は議決権がない代わりに、配当・優待重視の個人株主向けになっています。

さらに配当は普通株の125%の年間48円。もし業績悪化で普通株が無配になった場合にも配当15円を約束。株主優待も同じようにある。

株価も900円(普通株1400円)なので買いやすいし、株価が安いだけにPERが当然低くなる。

おすすめ。

 

ETFの配当

ETFの配当が到着。

DVY(ダウ・ジョーンズ高配当株式)が1415円。

IOO(グローバル100)が1384円。

計2799円だったので、今年度の配当の合計は193182円になりました。

ちなみにDVYは4%の配当利回り。IOOは3%の利回りがあります。

 

ユナイテッドアローズとゼンショーの配当

ゼンショーの配当が200株で1080円(税抜き)でした。

それと優待券が2セット(100株ずつ名義が違うので)。1セットが500円×6枚の3000円なので、全部で6000円分の優待!!

ユナイテッドアローズは100株で900円でした。

計1980円だったので、今年度の配当額は190383円になりました。

20万円までもうすぐ!!

配当が到着

江守商事が100株で1080円(税抜き)。

それと、さきほど株主優待の日本酒「黒龍」の大吟醸が届きました。超一流な日本酒の大吟醸なので、毎年おいしいのですが今年はいつにもましておいしい!!年によって微妙に味が変わるのですね。今回初めて実感しました。

・・・・さて、配当。

大成建設が1000株で2250円。

タカラトミーが100株で450円。

三菱重工業が1000株で1800円。

米株のファイザーが130株で1599円。

計7179円だったので、今年度の配当額は188403円になりました。

 

日本株の配当が続々到着

中間配当の季節です。郵便受けに封筒がたくさん入り始めました。

ビックカメラが1株で900円(税抜き)。

パナソニックが200株で900円。

野村ホールディングスが100株で360円。

三菱商事が500株で7650円。

東レが1000株で2250円。

DICが1000株で1800円。

ソニーが300株で3376円。

住友金属が1000株で2250円。

三菱ケミカルが1000株で3600円。

計23086円だったので、今年度の配当額の合計は181224円になりました。

今年度の配当額の目標は昨年の半分程度の12万円ぐらいだったのですが、もうすでに目標額を上回っています。20万円ぐらいになればいいなと思っています。

・・・・・さて、「百年に一度」の金融危機を「好機」(?)と捉え、減配したり無配にしたり、優待を廃止したりした企業が多かった一年でしたが、そんなことをする企業は将来も同じようなことをするはずなので、しっかり覚えておくことにします。

景気が良くなったら、何事もなかったかのように優待を復活させたり株主重視を明言したりするはずですが、惑わされないようにしたいです。

配当が到着!!

中間配当の時期になりました。

続々到着しています。

まず、トヨタ自動車が200株で3600円(税抜き)。

フジ住宅が300株で1620円。

コマツが300株で2160円。

JR西日本が2株で6300円。

セーレンが200株で900円。

計14580円だったので、今年度の配当の合計は158138円になりました。

・・・・・それにしても、日経平均よく下げます。騰落レシオは50台に入ってしまいました。これだけの円高になってしまったら、もうどうにもならないのでしょうが、早急に何らかの政策・手立てを打ち出してもらいたいものです。

デフレ=円高 になるのですが、民主党はこれをわかっていて、デフレ宣言をだしたのでしょうか。ただ宣言しただけでは、今回のような円独歩高になってしまうのに・・・・・。

その円高を受けた今日の日経平均300円安は痛い。今年はもう上がらない(1万円以上には・・・)ような気がする。

配当が続々、到着。

瑞光の配当が100株で900円(税抜き)。

天満屋ストアが100株で226円。

吉野家が1株で900円。

米国株のGEが120株で983円。

計3009円だったので、今年度の配当の合計は143558円になりました。

 

グラクソスミスクラインとペトロチャイナの配当

グラクソスミスクラインの配当は60株で2418円。

ペトロチャイナが4000株で5730円でした。

これで今年度の配当の合計は140549円になりました。

 

シノペックの配当

中国の石油株、シノペックの配当が到着。

2000株で1453円だったので、今年度の配当の合計は132401円になりました。

 

米国ETF 銘柄「iシェアーズ ダウ・ジョーンズ好配当株式」分配金

DVYの分配金が到着。12.85ドルで90円で円換算すると、1156円。

これで今年度の配当の合計は130948円になりました。

 

 

バンクオブアメリカの配当少なすぎ

バンクオブアメリカの配当が到着とのお知らせを開けてみると、なんと

160株保有しているのに、1.6ドル!!ドル円88円で計算されていたので円換算で約140円でした。

あまりの少なさに、ばかばかしくて計算するのも嫌になりました。(だから計算に入れない!)四半期決算の配当額なので、年560円になるのですが、配当利回りは0.2%程度に激減。

他にも、日本株で当然のように配当や優待を減らす企業が続出していますが、よく覚えておいて、好決算の時にも投資しないことにしようと思っています。

株主重視と言われた頃には配当やら優待やらと、大盤振る舞いしておいて、景気が悪化するとさっさと引き上げる企業に未来はない。

景気悪化も好景気もすべて見越して、安定的な配当を出すのが成熟した企業なのではないでしょうか。

ファイザーの配当

米国株のファイザーの配当が到着。

16.87ドルだったので、ドル円92円換算で1552円。

これで今年度の配当の合計は129792円になりました。

中国・米国株の配当

中国株のヴァンシェンレールウェイの配当が2000株で1741円(税抜き)。

カントンデンリョクが1000株で722円。

米国株でGE(ゼネラルエレクトリック)が975円。

計3438円だったので、今年度の配当の合計は128240円になりました。

バンクオブチャイナの配当

バンクオブチャイナ(中国銀行)の配当が到着。

4000株で5590円(税抜き)の配当でした。

これで今年度の配当額の合計は124802円になりました。

今週の日本株は軟調との予想で、月曜日にいくつかの銘柄を売却しました。

コマツを50株、トヨタを20株、三菱商事を100株、三菱重工業を300株売却。ほとんどがミニ株の半端なものを売っただけなのですが、今後の調整に備えました。

・・・・でも、今日までそれほど下げていない。早まった??

中国株や米国株の時価

上海振華重工が1500株( 株式分割前)で636円。税抜き。

ジャンスエクスプレスが2000株で5731円。

中国建設銀行が2000株で1778円。

米国(いや英国の会社ですが・・・)株のグラクソスミスクラインが60株で2216円。

計10361円だったので、今年度の配当額の合計は119212円になりました。

最初に買った中国株がジャンスエクスプレスだったのですが、株価は倍になったし、安定した配当(利回りは現在3.8%ほど)もあるし、大健闘です。しばらく保有し続けます。

中国工商銀行とシノペックの配当

中国工商銀行(ICBC)が4000株で7307円(税抜き)の配当でした。

シノペックは2000株で1993円の配当。

計9300円だったので、今年度の配当額の合計は108851円になりました。

それと、上海振華重工が分割発表。1.3倍になるので、予想通り1500株が1950株になりました。当然、株価はその分割分だけ下落していますが、分割というのも自分の保有資産が増殖していくようで、うれしいものですね。

・・・・・それにしても、先週から日経平均下げ続けています。現在騰落レシオは100台。もう1週間ほど(下落が続けば・・・)で80台になりそうな感じ。そろそろ少し買い始めてもいいのかも・・・・。

 

ダウ・ジョーンズ好配当株式の配当

つい先日買ったダウ・ジョーンズ好配当株式(DVY)の配当が到着。

配当ではなく、配当なのですね。今初めて知りました。

1358円(円換算、税抜き)でした。

これで今年度の配当の合計は99551円になりました。

買った時がちょうど権利落ち日近くだったようで、すぐに配当が貰えて得した気分。

 

外国株の配当

中国のファンネンパワーインター(電力)が4000株で4885円(税抜き)。

サイノトランス(貿易)が2000株で437円。

米株のバンクオブアメリカが160株で136円(少な!!)

計5458円だったので、今年度の配当の合計は98193円になりました。

 

まだまだ配当が・・・・

週末から今日にかけての配当。

フジ住宅が300株で2430円(税抜き)。

丸誠が200株で3240円。・・・これはなかなか高配当。利回り4%超。

大成建設が1000株で1800円。

ダイワ精工が1000株で2250円。

計9720円だったので、今年度の配当の合計は92735円になりました。

今年度の配当額の目標は昨年の半分の12万円だったのですが、どうも簡単に達成できそう。予想外に減配しなかったようです。これから夏にかけて中国株の配当が続々届きます。銀行株が高配当なので楽しみ。

三菱重工業、ユナイテッド・アローズなどの配当

今日も続々と配当が到着。

DIC(旧大日本インキ)が1000株で2700円(税抜き)。

ユナイテッドアローズが100株で1350円。

三菱商事が500株で7200円。

東レが1000株で2250円。

タカラトミーが100株で450円。

新日鐵が1000株で900円。

三菱重工業が1000株で2700円。

川崎重工業が1000株で2700円。

計20250円だったので、今年度の配当の合計は83015円になりました。

それにしても、新日鐵のセコさが際だっています。年間2円配当として配当利回り0,5%程度。業績が悪化すると、すぐに配当を減額する会社だと記憶しておきます。まぁ無配よりはましですが・・・・。

それと、優待も到着。

ユナイテッドアローズが15%オフ券を2枚。

リーガルが5000円のお買い物券(毎年、これを靴を買う足しにしています)。

DICは美術館招待券(関東方面なので行けませんが・・・)

 

トヨタ、JR西、コマツ、ペトロチャイナなどの配当が到着

配当の時期になりました。

トヨタが200株で6300円(税抜き)。

フジ住宅が300株で2430円。

三菱ケミカルが1000株で3600円。

コマツが400株で6480円。

セーレンが300株で1350円。

JR西が2株で6300円。

中国株のペトロチャイナが4000株で7326円でした。

計33786円で、今年度の配当の合計は62765円になりました。

フジ住宅はIRアンケートが入っていて、そのアンケートに答えた人全員にすだちが1圓發蕕┐泙后3擇靴漾アンケートにも意見をいっぱい書きました。

SBI、江守商事、石光商事の配当

SBIホールディングスが3株で270円。

石光商事は100株で180円。

江守商事は100株で1260円でした。

計1710円だったので、今年度の配当の合計は28979円になりました。

・・・・・この3つのうち、石光商事はもうすでに売却しています。赤字続きで今年大幅減配。含み損での売却でした。優待銘柄を「優待」のみで買うなという良い例でした。

それと、江守商事も優待銘柄なのですが、この3月の優待を廃止しました(9月の優待はある)。業績悪化ということで・・・・。

業績悪化で廃止するような優待なら初めからするな!と言いたいです。では、今後、業績大幅アップでまた優待復活するのでしょうか?おそらくしないはず。年2回の優待にそれなりの負担感があって、金融危機を好機ととらえて優待廃止に持っていった感が強い。

応援していただけに、残念。

 

ファイザーとヤフーの配当

米株のファイザーの配当が130株で1784円でした。

日本のヤフーは3株で352円でした。計2136円だったので、

今年度の配当の合計は27269円になりました。

・・・・・さて、過熱感から下落すると予想していた日本株でしたが、1万円に迫る上げでした。中でも川崎重工業は、このニュースで大幅上昇!!

川崎重工業 <7012> が急騰。前場は23円高の239円まで買われ、高値引け。1月7日の年初来高値を更新した。10日付日本経済新聞で同社が「独立行政法人・産業技術総合研究所と共同で、充電時間が10秒以内で済むニッケル水素蓄電池を開発した」と報じられ、材料視されている。報道では、「電車やバスなど大型の車両向けに5年後の実用化を目指す」という。
 川重では報道に対し「現在、事実関係を確認中」(広報部)としている。

なんと、事実関係を確認中・・・で上げたのですか。とにかく凄いニュースでした。上げて良かった。

明日は三菱商事を売却予定。子どもの口座で14万円で買ったものが現在19万円後半。約5万円の利益確定。もう十分。

ソニーとオリックスの配当

ソニーが200株で2250円(税抜き)。

オリックスが40株で2520円の配当でした。

それと米株のファイザーの配当が16.88ドルだったので、ドル円95円換算で1603円。

計6373円だったので、今年度の配当の合計は25133円になりました。

・・・・さて、オリックスも絡んでしまった鳩山総務相ですが、どうも勘違いが甚だしく、この人のせいで自民党がつぶれそうです。(だからすぐにでも辞任するか、更迭させるべき)

郵政社長を「認可せず」とのことですが、総務相の一声で首になるような人事にこの先、いったい誰が関わるのでしょうか。当分社長が決まらず業務に支障をきたす、といったことになりそうです。

それと、「出来レース」と断定したかんぽの宿もうやむやのまま売れ残っています。オリックスが買えずにいったい誰が買うのか不思議です。総務相個人の思いでけちを付けられてしまうような入札になんて今後、誰も参加しないはずです。

雇用確保を含めて、約100億で買うことに決まったオリックスの額が結局一番高かったということになるような気がします。ばら売りすることに決まっても、赤字のかんぽの宿なんて誰も買わない。

自分なら1円で買って、雇用保障の数年間だけ保有して、契約が切れたら即売却して土地代と建物代で赤字の穴埋めと少々の利益を確保します。

 

JR西と吉野家の配当

計算書がなくて、いくらもらえるのかわからなくなっていた配当ですが、

四季報を見て、計算することにします。

JR西が2株で6300円。

吉野家が100株で900円で計7200円。

今年度の配当の合計は18760円になりました。

 

GEと VALEの配当

GE(ゼネラル・エレクトリック)とVALE(ヴァーレ、旧リオドセ ブラジルの鉄鉱石の会社)の配当が到着。

ゼネラル・エレクトリックは案内書を無くしてしまったので、3000円程度ということしかわかりません。

ヴァーレは2026円で、計5026円。

これで、今年度の配当の合計は7958円になりました。

グラクソスミスクラインの配当

グラクソスミスクラインの配当が到着。

60株で2932円(税抜き)でした。

今年度の配当額の目標は、昨年度の半分の12万円程度。できれば20万円ほどは欲しいのですが、どうなるでしょうか。

早期の業績回復、増配に期待しています。

 

 

ブログランキング 参加中
人気ブログランキングへ

カテゴリー
最新のコメント
バナー
LinkShare アフィリエイト
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
Archives
shopimg125125.jpg
訪問者数

アトリエカタログ MAY.
  • ライブドアブログ