B型家族のハッピー・マネー・ライフ

家族で資産運用。日本株、中国株、投資信託、国債、外債に分散投資で、目標1億円!

夫婦のマネールールの作り方

お金は2人で管理する

お金の「入り口」は違っても、出口は同じ。資産は2人で管理します。
(1人がすべてを握ってしまうと、もめるもと。)


○夫婦2人がチェックできるように、共有のパソコンで家計簿・資産状況を打ち込むようにします。

どちらかが使用金を隠す(使ったのに申告しない)・金額をごまかすようなことが見られ始めたら、夫婦の危機。ただし、少額なら追求しません。

○オープンにお金の話をする。
わが家では、「小さなお金」専門が妻。「大きなお金」専門が夫です。

○お金の使い道・投資先について、綿密に話し合う。
自分の持ち株のことや、新聞で読んだ銘柄の話、近所の不動産情報など。
(B型同士ですから、お互いに自分の言いたいことだけ言って、話がかみ合っていないことがほとんどですが・・・)

○話し合った後、自分の選んだ商品は、自分で責任を持つ(買い・売りのタイミング判断)。相手の持ち株などに干渉しない。


1人分の給料で生活する

共働きですので、基本的に旦那1人の給料で生活します(住居費・光熱費・通信費など)。
私(妻)の給料からは、食費(生協代除く)、携帯代(2人分)、新聞代(日経)を出します。
お小遣い・交際費は2人とも自分の給料の残りから使います。

今は育休中なので少し苦しいですが、フルタイムで働いていたころは月々10万円程度の貯金ができました。

ボーナス時は、毎回2人で使い道を考えます。必要な物は購入しますが、それも旦那のボーナスから出します。私のボーナスはまるまる貯金。

月々10万円×12ヶ月=120万円。
ボーナス50万×2回=100万円

年間220万円の貯金が可能です。

では、なぜ1人分の給料で生活することにこだわるのかというと・・・続きを読む
ブログランキング 参加中
人気ブログランキングへ

カテゴリー
最新のコメント
バナー
LinkShare アフィリエイト
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
記事検索
Amazonライブリンク
楽天市場
Archives
shopimg125125.jpg
訪問者数

アトリエカタログ MAY.
  • ライブドアブログ